ヒー

記事一覧(28)

はじめに

高齢化社会が進み、国の保障や国民の医療費の負担が問題視されている現在、当団体ではダンスを行う事で、身体の問題を再確認することを重視しています。姿勢調整・呼吸法・骨格のコントロールの重要性を伝え、習慣化させることで、将来的な生活習慣病の予防に繋げることを目標にしています。最初に正しい姿勢・呼吸法を知ることで、バランス力や持久力を鍛えることができます。次に、左右対称のダンスを行う事で、瞬発力の維持、脳の活性化を促し、結果介護を必要としない体づくりを目指し、推進していきます。また、2011年度より全国の中学校でダンスが必修化となりました!小学生・中学生・高校生の習い事として、ストリート系ダンスの人気は高まっております。学校現場でも『現代的なリズムのダンス』の需要がさらに拡大し、より身近なものへと変化していることでしょう。先生方においてはダンスに関する課題ができ、戸惑われていることかと思われます。当団体では経験豊富なインストラクターが貴校へ直接出向き『現代的なリズムのダンス』講習及び実習を行います。学習指導要領に則したプログラム作成のお手伝いをします。スマートフォンや携帯ゲーム機の普及により、ながら歩きなど姿勢の悪さ(猫背)が問題視されています。姿勢が悪くなると呼吸が浅くなり、軽微な酸欠状態を引き起こします。その結果精神的な不安定さに繋がっていきます。ダンスや正しい姿勢を知るということは、精神的な成長にも役立ちます。我々が提唱するダンスは正しい姿勢を重要視し、深い呼吸を身につけることが出来ます。それはポジティブな精神状態の保持に繋がっていくのです。ポジティブな精神は思いやり、感謝の気持ちを育みます。ダンスが必修化となって数年が経ち、未だ標準化されていません。教育とダンス業界を結ぶ架け橋となり、ダンス必修化のネクストステップを提唱していきます。高齢者の健康維持・向上、学校教育のダンス指導支援を通して、地域住民とのコミュニティ作りに貢献し、地域活性化を促す活動を目指します。--------<将来の目標>■ダンスフェス事業 ダンスショー 様々なジャンルの無料体験レッスン 糖質カットカフェの運営  整体師や医師による姿勢や食育に関わる講義 医療機関と協力し、ダンス運動による体質改善の効果測定。■新しいラジオ体操の制作